キングダム映画主題歌の歌詞和訳!ワンオクが書き下ろしたメッセージとは?

キングダム映画主題歌の歌詞和訳!ワンオクが書き下ろしたメッセージとは?
LINEで送る
Pocket

2019年4月に公開となり興行収入が6億円を突破した大ヒット映画「キングダム」。

原作は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦争孤児の少年「信」と、中華統一を目指す若き王「嬴政」を描く同名の大人気漫画です。

実写化では、人気俳優の山崎賢人さんや吉沢亮さんなど、豪華キャストが勢ぞろいで話題となりました。

映画の主題歌に選ばれたのがワンオク(ONE OK ROCK)の「Wasted Nights」。

その主題歌は、ワンオクが映画「キングダム」のために書き下ろした歌詞ということでファンの間でも話題になり、歌詞を和訳すると、映画の世界観や壮大さがより伝わってくるとのこと。

キングダムやワンオクのファンならば、歌詞を和訳してどんなメッセージが込められているか知りたいですよね?

ということで、今回は”キングダム映画主題歌の歌詞和訳!ワンオクが書き下ろしたメッセージとは?”と題してその魅力を探っていきたいと思います。

 

キングダム映画主題歌の歌詞和訳したらどうなる?

映画キングダムの主題歌となったONE OK ROCKが歌う「Wasted Nights」。

ワンオクのボーカルTakaさんは作曲するにあたり、完成前の映画を観て、その壮大さに感動、映画の壮大さに負けないような曲としてWasted Nightsを作成し、自他共に「これはいい!」と思える曲に仕上がったとのこと。

それでは早速、タイトル・歌詞の順に歌詞と和訳を比較していきましょう!
<h3>主題歌タイトル「Wasted Nights」の読み方や意味は?</h3>
主題歌のタイトル「Wasted Nights」ですが、読み方は「ウェステッド ナイツ」です。

Wastedは和訳すると「無駄、~が無駄になる」、Nightsは「夜たち」ですので、「Wasted Nights」は和訳すると「無駄になった夜たち」ということになります。

「無駄になった夜たち」というタイトルにはどんなメッセージが込められているのでしょうか?

次は歌詞を和訳して、その真意を探っていきたいと思います。

 

Wasted Nights:Aメロ部分を和訳して考察

Must be something in the water
水の中に何かがあるに違いない
Feel like I can take the world
僕は世界を手に入れることができるように感じる
Throw the weight up on my shoulders
僕の肩にかかる重みを放り出せ
‘cause I won’t even feel the burn
僕はその火傷を感じもしないようになるだろうから

出典: Wasted Nights/作詞/作曲:Taka

水の中は「広大な海」「広大な世界」をイメージさせ、まだ広大な世界には自分の知らないことがたくさんあるんだというメッセージを感じます。

「肩にかかる重みを放り出せ」とは、立ちはだかる壁や周囲からのプレッシャーなど、「挑戦したい気持ち」と「失敗を恐れる気持ち」の中で「失敗を恐れる自分の弱い部分を放りだせ」ということを指しているのでしょうか。

それらを放り出して、自分に負けることなく挑戦し続ければ、失敗なんて火傷は感じもしなくなるんだという熱いメッセージを感じ、勇気づけられます。

 

Wasted Nights:Bメロ部分を和訳して考察

Don’t be afraid to dive
飛び込むことを恐れるな
Be afraid that you didn’t try
何もしようとしなかったことを恐れよう
These moments remind us why
これらの瞬間が、僕らに理由を思い出させる
We’re here, we’re so alive
僕らはここにいる、僕らはだから生きている

出典: Wasted Nights/作詞/作曲:Taka

Bメロでは、失敗することを恐れるのではなく、挑戦せずに何もしないことこそを恐れるべきであること。

挑戦し続けることで、「自分の存在」や「自分が生きている実感」を得られることができるんだ、この瞬間が「自分がこの世界に生まれてきた存在意義」を思い出させるんだという強いメッセージを感じます。

 

Wasted Nights:サビ部分に込められた伝えたいメッセージとは?

Let’s live like we’re immortal
(僕らは不滅な存在として生きよう)
Live just for tonight
(ただ今夜のためだけに)

We’ll think about tomorrow, yeah
(僕らは、明日(未来・希望)を考えるんだ)
When the sun comes up
(太陽が昇るときに。)

Cause by this time tomorrow
(明日の今頃、)
We’ll be talking about tonight
(僕らは今夜のことを話しているだろう)

Keep doing what we want, we want, we want
(僕らがしたいことをやり続けるんだ)
No more wasted nights
(無駄な夜は、もう過ごさない)

出典: Wasted Nights/作詞/作曲:Taka

ここでは、「今できること」「目の前にあること」に立ち向かい「不滅=諦めずに」突き進み、自分が目指す未来・希望のことだけを考えて突き進めば「未来の自分」は過去の立ち向かった自分を振り返っているだろうと。

その為にも、とにかく突き進んで「無駄な夜はもう過ごしてはいけないんだ」。

ここで、タイトルである「Wasted Nights」が出てきましたね。

ONE OK ROCKが、ボーカルのTakaが伝えたい「Wasted Nights」というタイトルは「無駄な夜を過ごすな」というメッセージが込められていたんだと考えられます。

Records spinning we don’t notice
ただ過ぎ行く時間に
Fill this room with memories
気を止める必要は無い
Everybody’s chasing something
何かを失えば
But we got everything we need
また何か手にする

Don’t be afraid to dive
飛び込むことを恐れるな
Be afraid that you didn’t try
何もせずはもっと怖い
These moments remind us why
これらの瞬間が、僕らに理由を思い出させる
We’re here we’re so alive
ここで生きる意味を

出典: Wasted Nights/作詞/作曲:Taka

更にここでは「飛び込むことを恐れるな」という部分を強調する歌詞が続きます。

過ぎゆく時間を気にする必要もなく、何かを失ったとしても、その分何かを手にすることができる。

飛び込むことを恐れていてはダメなんだと、何もしないことはもっと恐いことなんだと、自分が生きる意味を思い出すんだということを、「そうすれば自分が目指す未来を掴み取ることができる」ということを。

この部分のメッセージは、映画キングダムの主人公である信や嬴政の生き方とリンクしている表現なのかもしれません。

 

Wasted Nights:Cメロ部分で繰り返される熱いメッセージとは?

I don’t wanna wait, I don’t want to waste a night
待ちたくない、一夜も無駄にしたくない
I don’t wanna wait
僕は待ちたくないんだ
No more wasted nights
無駄な夜は、もう過ごさないんだ

出典: Wasted Nights/作詞/作曲:Taka

この歌詞は、曲の中で何度も繰り返されます。

自分の信じる道へ立ち止まることなく、ひと時も無駄にしない、したくないというメッセージを何度も繰り返し伝えてくれています。

 

ワンオクが映画キングダム主題歌の歌詞を通して伝えたいメッセージとは?

ここまで、ワンオクが歌う映画キングダム主題歌を和訳しながら、歌詞に込められた、メッセージを探ってきました。

あなたは、どんなメッセージを感じ取りましたか?

Twitterでもこの曲を聴いた感想がつぶやかれています。

 

Wasted Nightsを聴いたファンの感想は?

 

映画キングダムの主題歌として書き下ろしたWasted Nightsに込められたメッセージとは?

映画キングダムの為に書き下ろされたWasted Nights。

ここで、歌詞に込められたメッセージを考察してみます。

タイトルは「無駄になった夜たち」でしたが、歌詞と照らし合わせながら考察するとこんな感じでしょうか。

世の中にはまだ、自分の知らないことがたくさんあるのだから、立ちはだかる壁や失敗を恐れるのではなく、挑戦しないことを恐れるんだ。

失敗を恐れずに挑戦し続ければ、失敗して何かを失っても、他の何かを手に入れることができ、未来の自分は過去の立ち向かい続けた自分を誇ることができているだろう。

立ち止まることなく、自分の信じた道を突き進むことができれば、自分が生まれてきた意味を感じることができる。

これからは一時も無駄にすることなく自分の信じた道を突き進め。

キングダムの主人公である信も「天下の大将軍」を目指し、ひたすら自分の道を突き進んでいきます。

ワンオクのボーカルTakaは、Wasted Nightsの歌詞を通して、映画の主人公である信の物語をイメージしつつ、この曲を聴く人に、自分の道を突き進むためのエールを送ってくれたのではないでしょうか。

私はこの曲に勇気を与えられました。

この曲に出会えたことを感謝しています。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

映画キングダムの主題歌となったワンオクのWasted Nights。

映画キングダムの主人公である信の生き様を見事に歌い上げ、その歌詞で聴く人に感動を与えてくれました。

今回は歌詞を和訳することで、より解りやすくWasted Nightsを通じてボーカルのTakaが伝えたかったメッセージを感じることができたのではないでしょうか。

ワンオクが主題歌を歌った映画は大ヒットを記録する等という話を聞くこともありますが、次回の曲にも注目してみたいと思います。

ということで、今回は「キングダム映画主題歌の歌詞和訳!ワンオクが書き下ろしたメッセージとは?」と題してお送り致しました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

LINEで送る
Pocket